花村泰江 木版・銅版・コラグラフ展  at ニコハウスSolar Gallery

>> 開催概要

>> 作家CV

>> ワークショップ

花村泰江  YASUE HANAMURA

1966 ボストン生まれ

1989 筑波大学芸術専門学群美術専攻卒業

1991 筑波大学大学院修士課程芸術研究科終了

1995 ブラウンシュバイク芸術大学(ドイツ)留学

 

Solo Exhibitions

1991 クリエイティブハウス・アクアク/茨城県つくば市

1993 ギャラリー21+葉/東京

1998 ギャラリー21+葉/東京

2004 ギャラリー21+葉/東京

2005 Gallery惺SATORU/東京

2006 ギャラリー21+葉/東京

2006 Bunkamura Gallery Arts and Crafts ,Gallery+/東京

2007 名芳洞blanc,ギャラリー名芳洞/名古屋

2008 Gallery惺SATORU/東京

    「road show」GALA/東京

2009 ギャラリー上原/東京

2011 「木版・銅版・コラグラフ展」ニコハウス Solar Gallery/東京(produced by GallerySATORU)

 

Group Exhibitions

1989 版画「期待の新人作家大賞」展('90)('91)('92)/新宿伊勢丹

    第57回日本版画協会展(~'94,'98,'99,'02,'07)/東京都美術館

1993 第38回CWAJ現代版画展/東京アメリカンクラブ

2002 第2回山本鼎版画大賞展/長野県上田市

2006 第12回鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展/鹿沼文化活動交流館ギャラリー

    第5回大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ展/大野城まどかぴあ・福岡

2007 第5回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ展/高山市民文化会館

2008 ギャラリー21+葉の9350日展/ギャラリー21+葉

    ミニチュア100人展/ギャラリー名芳洞

 

Awards

2006 資生堂ADSP入選

 

 

ニコハウスSolar Gallery(コピス吉祥寺4F)にて「花村泰江 木版・銅版・コラグラフ展」を開催致します。

自分の半径5m以内の身近なものをモチーフに版画作品を制作してきた花村泰江。バスルームや掃除機といった家の中にあるもの、普段通る道や子供の送り迎えで見つけた何気ないものを作品にしてきました。

版種は木版画、木版コラグラフ、銅版画(エッチング・アクアチント)、銅版画(ヘイター法)、モノタイプ等、様々な技法を使い、枠にとらわれない発想で、今にも動き出しそうないきいきとした表現が魅力的な作家です。

本展では’96~のこれまでの作品の中から代表的なものと、新作をあわせ展示致します。異なる版種による表現の違い、同じ版での色の違い等も感じて頂けたらと思います。日常のありふれたものから起こるワクワクしたドラマを自由な色彩と版で表現した作品をぜひご高覧下さい。

 

Gallery惺SATORU

 

 

2011年8月16日 (火) ―  8月21日(日)

*ワークショップ:版画でつくる竹うちわ 8/18、19、20

花村泰江 木版・銅版・コラグラフ展  at ニコハウスSolar Gallery

 

ワークショップ

8/18、19、20 の三日間にわたりワークショップを開催しました。

花村先生のご指導のもと、ゴム版で版を作り、最後はうちわに仕上げました。

彫刻刀を持つのがはじめての年少さんから大人まで幅広い方にご参加頂き、世界にたったひとつの素敵なうちわが出来ました。

どれも力作で素晴らしかったです。