雨奇晴好 - 硝子・陶・漆    石田菜々子 川村今日子 百瀬玲亜

雨奇晴好 - 硝子・陶・漆    石田菜々子 川村今日子 百瀬玲亜

Gallery惺SATORUでは6月12日(木)より29日(日)まで「雨奇晴好-硝子・陶・漆 石田菜々子 川村今日子 百瀬玲亜」を開催致します。

石田菜々子は2012年東京藝術大学大学院を終了、大学で鋳金、大学院でガラスを専攻しました。2012年の卒業制作は取手市長賞を受賞し取手市所蔵となっています。おもにキルンキャスティングによる少女や動物をモチーフにしたガラス造形を制作。目を閉じ微笑む少女の表情やユーモラスな動物達とガラスの質感があいまって柔らかい空間を作り出します。吹きガラスやパート・ド・ヴェール等による器も展示致します。

川村今日子は女子美術大学の造形学専攻を卒業後、更に技術を学ぶためイギリスに渡り、現在もイギリスで制作をしています。研究を重ねている結晶釉は、焼成の間に釉薬が結晶となって開き、表面に花や雪の結晶のような模様が出来るのが特徴です。白を基調としたシンプルで華やかな磁器による花器や食器を展示致します。

百瀬玲亜は金沢美術工芸大学大学院を修了後、金沢卯辰山工房に入所。有機的なフォルムは生物の形態のようでもあり、またいくつかのイメージが混ざり合ったもののようでもあります。手触りや艶にこだわった質感とビビットな色彩による現代的な作品は若き漆芸作家として将来性を感じさせます。オブジェと酒器を中心に展示致します。

 

伝統技術をふまえつつ現代的な表現を追及する硝子・陶・漆の工芸作家三人展です。

それぞれの作家のオブジェとうつわを展示致します。

雨奇晴好 = 晴れの日も雨の日も、愛でて、使って、愉しめるオブジェと器。そんな願いを込めました。ぜひご高覧下さい。

 

 

 

2014年6月12日 (木) ―  6月29日(日) 月・火休

12:00 ― 19:00

*オープニングパーティー  6月12日(木)17:00 ― 19:00

 

 

硝子  石田菜々子

「人物シリーズを作る際に大切にしていること」

人は目を閉じた時、何を思うのでしょうか

夢を見ているのか、願い事をしているのか、

はたまた遠くの誰かを想っているのか

何かを思い、考える姿は儚く美しく感じます

人の曖昧な記憶、感情、感覚、

それらは様々なイメージと合わさり交じり合い

沢山のかけらとなって私に語りかけます

それは自分でも気付かなかった

心の奥底の感覚とでもいうのでしょうか、

知っていたようでもあり、初めて出会う感覚である気もします

掴めそうで掴めない、脆く曖昧なかけらたちを

ガラスにのせて表現できたらと思います

 

 

《略歴》

1983年 東京生まれ

2010年 東京藝術大学美術学部工芸科鋳金専攻 卒業

2012年 東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻ガラス造形研究室 修了

website http://ishidananako.jimdo.com/

 

《主な展覧会》

2013年 Be green Exhibition展  (新生堂)

藝大アートプラザ大賞受賞者招待展 (藝大アートプラザ)

mille-feuille展  (Gallery惺SATORU)

2012年 シブヤスタイルvol.6 (西武渋谷店 アートショップ)

Glass Exhibitionガラス造形研究室展(藝大アートプラザ)以降毎年

グループ展「そよ風」 (池袋西武本館)

第51回 現代工芸美術展 (東京都美術館)

 

《受賞歴》

2012年 第51回 現代工芸美術展 入選

修了制作 取手市長賞

2011年 藝大アートプラザ大賞展  藝大BiOn賞

  川村今日子

日本で陶芸を始めてから15年になります。初めは和食器から作り始め、オブジェ作品に系統していき、その技法を学ぶため現代美術の盛んなイギリスに渡ります。この間敢えて都会を離れ、初めはイングリッシュリビエラと呼ばれたデボン州、その後コーンウォール州の大学の陶芸科に所属し本格的な制作活動を行います。コーンウォールは、民芸焼きの浜田庄司に手ほどきを受けたバーナードリーチの工房があることでもよく知られています。

私の作品のほとんどは、丸みを帯びたフォルムが特徴で、コーンウォール時代に見た海の色や水しぶき、海岸に上がった貝殻、海藻、浜辺の紋、丘の稜線、丘一面に鮮やかに映える緑色、多種類の花々など自然から多大な影響を受けています。

また、日頃から人間の身体、骨の形、オーガニックな形にも興味があり、その形も暖かみを持っていることから癒しをテーマに して制作に取り組んでいます。

渡英してから暫くは、陶磁器のインスタレーションという形で作品を発表し続け、この時に鋳込み技術を習得しました。同じ頃、結晶釉と出会いそこからライフワークとなる研究が始まります。私は釉薬の調合に亜鉛を使用しているため、亜鉛華結晶釉と呼んでいます。

結晶釉というのは名前の通り、雪の結晶模様や花の模様、さらに水玉模様など、釉薬の調合によって、色々な形の結晶模様がでる釉薬の一つです。釉薬の全体は透明釉のようでもあり、結晶の模様部分はそれとは異なり独特のかさかさしたマットな質感があります。その質感はシルクのようで花の模様は地紋の着物を思い起こさせます。 この技法は、古くは中国やドイツなどの磁場で見られます。またイギリスのウェッジウッドの

ファクトリーにも大きな壷が置いてあり、実験的に制作したものと見られます。

私は現在、イギリス国内で個人のメーカーとして制作をしているのでさほど問題はありませんが、結晶釉はたとえ工場ラインにのせても、施釉方法が難しくロスもでることから量産できにくいのも特徴といえます。2006年からロンドン郊外のスタジオで結晶釉の研究開発を行い、多数の実験の元に数年前にようやく自分の釉薬 ができました。結晶釉はきめの細かい真っ白な磁土が映えるのですが、最近は、土の感触を生かした陶器と結晶釉を組み合わせた作品も作り始めています。

曲線のあるシンプルなフォルムに艶やかな地模様の釉薬、華麗な美と凛とした静かな美を表現しながら、少しでも観る人の心が癒されるような

作品を作れたらと日々願っています。

 

2014年  川村今日子

 

 

《略歴》

1992年 女子美術大学 芸術学部芸術学科造形学専攻 卒業

1993年~1994年 Bゼミスクーリングシステム受講

1998年~2002年 新宿陶芸教室、瀬戸他にて陶芸を学ぶ

2003年~2005年 Falmouth University Studio Ceramics専攻 卒業 (イギリス)

2012年~2013年 University for the creative arts(UCA) Contemporary Crafts-Ceramics専攻 卒業 (イギリス)

Magdelen Ordandoに師事を受ける

2013年 トルコで開催されたISCEA(国際陶芸教育シンポジウム)にて英国のセラミックインスタレーションについて発表

2006年~現在 レッドリーススタジオにて陶芸を教える

2012年~現在 Ellen Wilkinson校にて子供に陶芸を教える

 

website www.imahikoceramics.com (www.imahicoceramics.com

 

《主な展覧会》

2014年 Imahiko Ceramics  ブルネル美術館(ロンドン)

Society of Designer Craftsmen  Mall Gallery(ロンドン)

2013年 Winter Open Studio(2006年より毎年) Redlees Studios(イギリス)

ISCEA(国際陶芸教育シンポジウム) アンタリヤ(トルコ)

Ceramics in the City (2008年より毎年)   ジェッフリー美術館( ロンドン)

Made UCA Farnham(イギリス)

New Designers2013 Business Design Centre(ロンドン)

Summer Open Studio (2006年より毎年)  Redlees Studios(イギリス)

2012年 London Potters展   (2007~2009年)   Morley Gallery(ロンドン)

2010年 川村今日子磁器展 銀座松屋 アートスポット(東京)

2009年 Seasonal Show Jiq Jaq Gallery(ロンドン)

Origin展 Sumerset House(ロンドン)

Midsummer Art Fair 2009 Landmark Arts Centre(イギリス)

2008年 川村今日子展 銀座松屋 アートスポット(東京)

2006年 Islington Contemporary Art & Craft Fair Candid Arts Gallery(ロンドン)

Setting Out 2006 Contemporary Ceramics Gallery(ロンドン)

2005年 イマヒコ展 藍画廊(銀座)

2004年 金沢まちなか国際コンペ選抜作品展 金沢ステーションギャラリー(金沢)

ながざき陶磁展 波佐見町陶芸の館(長崎)

2000年 陶芸財団展 埼玉県立美術館(埼玉)

 

《賞歴》

2004年 金沢まちなか国際コンペ選抜作品展 “Welcome!” 入賞

2004年 ながざき陶磁展   “Mobile Toy” 入賞

1992年 PARCO URBAN ART #2  “Fragment #1” 日比野克彦賞

 

《協会会員》

London Potters会員

Studio Pottery 会員

Society Designers of Craftsmen会員

Redlees Studios レジデントアーティスト

 ー 百瀬玲亜

 私が漆を用いて制作するのは、その塗膜の魅力にある。触れたときの、なめらかでしっとりとした特有の質感を想起させる艶である。この視覚に訴えてくる深い艶と、実際の触り心地は他の塗料にはない独特のもので、制作の根源はその塗膜によって呼び起こされる触りたいという感情にあり、そこから艶を活かすための形体を探求し、魅力を伝えられる造形物の制作を目指している。

 特に形状に一定の決まりのある器物だけではなく、漆という素材そのものを魅せるための形をもつオブジェに可能性を感じている。例えば貝殻の豊かに膨らんだ曲面と複雑につながっていく形や滑らかな表面の色艶は、何に使うという訳ではないが思わず手に取りたくなる魅力があり、飾り置いてその佇まいを眺めて、ある時は手に取り質感や細部を楽しみたくなる。見つけてきた貝殻のように生活の中に溶け込む面白い造形をしたいと考える。

 今回の作品は、花が咲く、実が生る、芽が伸びるといった刻々と変わっていく動きを、形と色と光の加減で多彩に変化する漆の塗膜で表し、

一瞬の移ろいを長く愛でられる飾りとした。

 

 

《略歴》

1987年 長野県松本市生まれ

2011年 金沢美術工芸大学工芸科卒業

2013年 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修士前期課程修了

金沢卯辰山工芸工房入所

 

《主な展覧会》

2011年 金沢市工芸展 金沢市工芸協会会長賞受賞(金沢)

日本漆工奨励賞受賞

漆芸の未来を拓く―生新の時2011― 石川県漆芸美術館(輪島)

漆展―新しい漆のかたち―   伊丹市工芸センター(伊丹)

会津・漆の芸術祭―東北へのエール―  喜多方市三十八間蔵(喜多方)

2012年 伊丹国際クラフト展「酒器・酒杯台」入選(伊丹)

会津・漆の芸術祭~地の記憶・未来へ~  喜多方市三十八間蔵(喜多方)

薄井歩 百瀬玲亜 二人展―楽境―  金沢市カフェギャラリーミュゼ(金沢)

2013年 金沢市工芸展 金沢商工会議所会頭賞受賞(金沢)

漆芸の未来を拓く―生新の時2013―  石川県漆芸美術館(輪島)

工芸都市高岡2013クラフトコンペディション入選(高岡)

かなざわ燈涼会  金沢市主計町検番(金沢)

2014年 アートフェア東京2014  東京国際フォーラム(東京)

 ○