紙の上の思考 Ⅳ / Thoughts through Drawings -POINT

紙の上の思考 Ⅳ / Thoughts through Drawings - POINT

岡田浩志 黒須信雄 さとう陽子 常田泰由 山神悦子

 

2017/1/21(土)ー2/5(日)

12:00-19:00 月曜日、火曜日休廊

オープニングレセプション 1/21(土)17:00 ー 19:00

 

Hiroshi Okada / Nobuo Korosu / Yoko Sato /

Yasuyoshi Tokida / Etsuko Yamagami

 

21 January - 5 February 2017

12:00 ー 19:00 (lastday12:00 ー 17:00) / mon. tues. close

Opening Reception 21 January 17:00 ー 19:00

 

 

 

このたび当画廊におきまして「紙の上の思考 Ⅳ / Thoughts through Drawings - POINT」を開催致します。

この展覧会は、紙を支持体にして描くという最もシンプルな素材と技法で絵画の魅力を探ることを目的に2015年にスタート致しました。

ドローイングとは、制作に入る前に最初のイメージを描きとめるスケッチという認識がありますが、それ自体が作家の意図をダイレクトに伝えてくれる作品として魅力があります。またもともと紙を素材に描くアーティストも以前から存在しますし、日本人にとってなじみ深い表現方法のように感じます。

この展覧会では、様々な表現・ジャンルの現代作家のドローイングを紹介していきます。今回は「POINT」をテーマに致しました。それぞれの作家が作品の「POINT」を解説しています。

 

Gallery惺SATORU

 岡田 浩志 OKADA Hiroshi

 point-視点

 

作品を見るときの視点は流動的で、限定された平面上を移動し続けるものと考えています。

 

私にとってドローイングは対象から得た情報を画面上で再構成することです。そもそも見るという行為は能動的で、人には見ようとしたものしか見えないと思います。目に映ってはいても知覚されない情報は認識されないまま過去になるだけです。情報は観察の時点から無意識に取捨選択され、抽出される要素は常に均質ではありません。

それが均質で統一性のある状態に描かれることがあるのは感覚以外の意識や観念が働くからで、ドローイングの直截性はそれらの介入が制限されることで保たれると思います。

 

描き進める過程は常に部分的で、その集積が全体を構成します。ある部分が描かれるときに意識された情報が明確に取捨選択されてかたちになれば、画面上で連続・関連する要素は不均質となります。画面上を流れ動く視線が、連続する不均質な部分を通過しながら全体を捉えれば、実感を伴う無内容が実現できるのではないか考えています。

岡田浩志

still life 2016n3 (オリエンタルリリー)

257mm x 343mm   和紙に鉛筆、色鉛筆、パステル、テンペラ

略歴

1962 京都生まれ

1987 東京芸術大学 美術学部絵画科油画専攻卒業

1989 同大学院修士課程 壁画研究分野修了

1988―1992 壁画制作(東京、大阪、福岡、千葉、兵庫、静岡)

 

個展

2002 新宿伊勢丹 アートギャラリー(東京)

     名古屋三越 美術サロン(名古屋)

     大阪梅田阪急 美術サロン(大阪)

2003 新宿伊勢丹 アートギャラリー(東京)

2004 Three Solo Exhibition/Singapore Tyler Print Institute(シンガポール)

2008 脇田美術館(長野)

 

 

グループ展

2003 「ハートランド 軽井沢 ドローイング・ビエンナーレ 2003」/ 脇田美術館(長野)

2005 「武蔵野市美術大賞展」/武蔵野市立吉祥寺美術館(東京)

2011 「ハートランド・ビエンナーレ セレクト作品展」/Consept Bar HEARTLAND (東京)

2012 「Life with Art アートのある暮らし」企画:plan i/AIDEC (東京)

2013 「ambient」/YOYOGI ART GALLERY (東京)

2014 「ANDO SESSUIN-7 DREAM BOX EXHIBITION」/ギャラリエ アンドウ (東京)

2015 「二人展」/ギャラリエ アンドウ (東京)

2016 「Kinetic art Exhibition」/ギャラリエ アンドウ (東京)

2016 「紙の上の思考 Ⅳ/Thoughts through Drawings–POINT」/Gallery惺SATORU(東京)

 

受賞

2003 「ハートランド 軽井沢 ドローイング・ビエンナーレ 2003」/ 脇田美術館(長野)

2005 「武蔵野市美術大賞」/武蔵野市立吉祥寺美術館(東京)

 

パブリック・コレクション

脇田美術館、武蔵野市立吉祥寺美術館

黒須 信雄 KUROSU Nobuo

黒須 信雄

無題 22.3×15.5cm 紙にアクリル 2016

 

 絵画の実質とは存在論的遡行意志に基づく存在形式転換としての顕現であり,実―虚の対峙する交點に〈ゼロポイント=無極點〉として成立する。そしてそれは、尠なくとも二つ以上の(例えば〈画面に〉と〈画面を〉)の異義を同義と並立させることで現実との接點を保持する。無論、絵画の成立は必ずしも純粋顕現を必要としないけれども、〈始原ならざる始原〉への意志が顕現ならざる表現の減退を齎すこともまた否めない。

 ドローイングは、表現の多寡に拘らず、本質的に純粋顕現への道程には向かわない。とは云え、それは〈在り得ぬものへの意志〉を欠くからではなく,意志の起動點が一旦ずらされることで存在者の自體性を解體することに〈あわい〉を設定するためである。

 〈始められないこと〉はそこから〈始められる〉。

 

略歴

1962  東京生まれ

1988  多摩美術大学絵画科油画専攻卒業

 

個展

1989 なびす画廊(東京)

1990 なびす画廊(東京)

1991 Cafeアトリエ(東京)

     Gallery+1(東京)

1992 なびす画廊(東京)

     西瓜糖(東京)

     Cafeアトリエ(東京)

1993 ルナミ画廊(東京)

     Cafeアトリエ(東京)

1994 なびす画廊(東京)

1995 ギャラリーU(東京)

1996 藍画廊(東京)(06)

1997 藍画廊(東京)

1998 なびす画廊(東京)

1999 なびす画廊(東京)

     西瓜糖(東京)

2000 なびす画廊(東京)

2002 なびす画廊(東京)

2003 なびす画廊(東京)

2005 なびす画廊(東京)

2006 藍画廊(東京)

2007 なびす画廊(東京)

2009 なびす画廊(東京)

2011 なびす画廊(東京)

2013 なびす画廊(東京)

2015 なびす画廊(東京)

 

グループ展

1986 「空房月華」/小野画廊 (東京)

1987 「・・・のしっぽ」/世田谷美術館区民ギャラリー(東京)

1990 「箱―さまざまな時―展」/二宮美術館(大分)

     「MITO10月展」/水戸芸術館 (茨城)

1992 「鳥(バード)展」/北とぴあ(東京)

1993 「COLLABORATION展」/淡路町画廊(東京)

1996 「起源」/Za Gallery(東京)

1999 「TEN」/藍画廊 (東京)

     「牧神アンデパンダン」/牧神画廊(東京)

2001 「2月のおくりもの」/なびす画廊(東京)

2002 「美と術」/藍画廊(東京)

2004 「2月のおくりもの」/なびす画廊(東京)

   「黒須信雄・橋本倫展」/ギャラリエ アンドウ(東京)

2005 「生誕100年オマージュ長谷川沼田居展」/足利市立美術館(栃木)

     「第20回平行芸術展 崩落の記譜法」/青山小原流会館エスパスOHARA(東京)

 

 

2006 「New Year’s Card by Japan Artists」/(Beograd/Senta/Sokobanja)

2008 「RADICAL CROPS プレ展」/exhibit Live&Moris(東京)

     「DE MISTICA~召命~」/ギャラリー・アートポイント(東京)

     「第27回損保ジャパン美術財団選抜奨励展」/損保ジャパン東郷青児美術館(東京)

     「絵画のコスモロジー/橋本倫・黒須信雄・小山利枝子」/多摩美術大学美術館(東京)

     「京橋3-3-8」/藍画廊(東京)

2009 「DE MISTICA第2回展―“アート”全盛期における“美術” 」 /なびす画廊(東京)

     『THE LIBRARY~「本」になった美術~』/静岡アートギャラリー(静岡)

2010 「カイガノカイキ」/足利市立美術館(栃木)

     「THE LIBRARY ASHIKAGA」/足利市立美術館(栃木)

2012 「Resonance2012 ~黒須信雄・土屋範人・星川忠資~」/森田画廊(東京)

     「虚光集(ひのみかげふみ)江尻潔・黒須信雄展」/ギャラリー水・土・木―みず・と・き―(東京)

2013 『新収蔵作品展「現代の絵画と彫刻」』/足利市立美術館(栃木)

       「版画天国」/なびす画廊(東京)

       「美術館の本棚」/足利市立美術館 特別展示室(栃木)

     「ANDO  SESSION4 色の力」/ギャラリエ アンドウ(東京)

     『「根の国」展』/アートスタジオDungeon(東京)

2014 「記録魔 関根正幸のお蔵出し」/アートスタジオDungeon(東京)

     「版画天国II」/なびす画廊(東京)

         「知ってる形/知らない形+本」/うらわ美術館(埼玉)

     「スサノヲの到来―いのち、いかり、いのり」(~2015年巡回)

           足利市立美術館(栃木)・DIC川村記念美術館(千葉)・北海道立函館美術館(北海道)・

           山寺芭蕉記念館(山形)・渋谷区立松濤美術館(東京)

     「一陽来復~年送りのかたち年始めのかたち~」/Gallery惺SATORU(東京)

2015 「つくもがみ」/アートスタジオDungeon(東京)

     「Resonance2015 Final ~響きあう9人~」/森田画廊(東京)

     「寄り添うかたち’15」/ギャラリー水・土・木―みず・と・き―(東京)(’16)

     「暮の宴―年送り年迎えのかたち」/Gallery惺SATORU(東京)

2016 「連画のいざない」/足利市立美術館 特別展示室(栃木)

     「ART OSAKA 2016 ギャルリー宮脇出展」

           ホテルグランヴィア大阪26F(大阪)

       「版画天国III」/なびす画廊(東京)

         「90’S展 終末と反復」/+Yギャラリー(大阪)

     「キネティックアート展」/ギャラリエ アンドウ(東京)

         「晦日い」アートスタジオDungeon(東京)

 

パブリック・コレクション

足利市立美術館 うらわ美術館 栃木県立美術館 那須野が原博物館 ほか

 

さとう 陽子 SATO Yoko

無地の画面から始めるドローイングだとどこか予想できてしまう気がした。

とりあえず身近なカレンダーの絵柄や数字を切り抜き、貼って素地にしてみた。

しばらく眺めているとそこから線が沸くように見えて来た。

ドローイングの出所(point)がずれて、線が勝手に動き出したようだ。

 

さとう 陽子

「逃げ水3」 紙にコラージュ、アクリル、オイルパステル、鉛筆

38×29cm 2017年

 

略歴

1958 東京生まれ

1981 日本大学芸術学部美術学科卒業

 

 

個展

[2000年からの主な個展:(個展は1986年より毎年)]

2000 かわさきIBM市民文化ギャラリー (神奈川)

           湘南台画廊 (神奈川)

2001 ギャラリー檜 (東京)

2002 湘南台画廊 (神奈川)

2003 Gアートギャラリー (東京)

           トキ・アートスペース (東京)

2004 湘南台画廊 (神奈川)

2005 ギャラリー檜 (東京)

2006 湘南台画廊 (神奈川)

2007 ギャラリー檜 (東京)

           ギャラリーQ (東京)

           パーソナルギャラリー地中海 (東京)

2008 Galleryジ・アース (神奈川)

           Shonandai MY Gallery (東京)

     湘南台画廊 (神奈川)

2009 ギャラリー檜 (東京)

           Shonandai MY Gallery (東京)

     GalleryDEN・現代HEIGHTS (東京)

2010 Galleryジ・アース (神奈川)

           Shonandai MY Gallery (東京)

2011 gallery21yo-j (東京)

           パーソナルギャラリー地中海 (東京)

2012 ギャラリー檜 (東京)

           Galleryジ・アース (神奈川)

           Shonandai MY Gallery (東京)

2013 Shonandai MY Gallery (東京)

2014 ギャラリー檜(東京)

           Shonandai MY Gallery(東京)

2015 Shonandai MY Gallery (東京)

2016  ギャラリー檜(東京)

          Shonandai MY Gallery(東京)

グループ展

1994 「ENGELUS NOVUS」 (ドイツ)

2003 「第18回平行芸術展 <あざやか>の構造」/小原流会館(東京)

2004 「VISION」(チェコ)

2008 「絵画にみるもの、絵画からみえてくるもの」/練馬区立美術館・ギャラリー檜(東京)

2010 「カテゴリア<視像のゆくえ>展」/ギャラリー檜(東京)

2015 「dialogue-vol.3 さとう陽子×稲憲一郎」/ギャラリー檜plus(東京)

 

参加したアートフェア

2006 第5回KIAF(韓国)

2007 第6回KIAF(韓国)

2008 第1回アジアトップギャラリーホテルアートフェア(東京)

     ART Singapore 2008(シンガポール)

2010 ART OSAKA 2010(大阪)

2011 インドアートフェア(インド)

2013 OFF ART FAIR (ベルギー)

2015 Young International Artists Paris(フランス)

 

その他

2003 ホルベインスカラシップ奨学生

 

常田 泰由 TOKIDA Yasuyoshi

”a.b. ” ― 潮が引きできた、岩の凹みに貝殻や石が溜まっていた。波が並べた浜辺の配列。

”c.t. ” ― 砕かれた古い屋根瓦が積まれていた。破壊と積み重ね。

”p.b. ” ― 木立の奥、通りすがりの猫と目があった。

ものが集まってくるPOINT。

常田泰由

”a.b.−3” 28x21cm  水彩、和紙 2016年

 

略歴

1980 長野県生まれ

2004 東京造形大学 卒業

2005 愛知県立芸術大学 大学院 修了

2010 東京造形大学 非常勤講師(〜2014, 2015〜)

2015~ 武蔵野美術大学 非常勤講師

 

個展

2016 「Drawings」/switch point (東京)

2016 「collage / woodblock print」/circle gallery & books(東京)

2015 「上諏訪中学校+常田泰由 かたちをみつけて」/諏訪市美術館(長野)

2015  ART GALLERY MUSE(前橋)

2014 「木版画とコラージュ」/Gallery惺SATORU(東京)

2013  gallery N(名古屋)(2008,2011)

2012  Galerie Turm(秋田)

2011 六本木605画廊(東京)

2010  ギャラリー福果(東京)

2010 Gallery HALCA (東京)

2008 ギャラリー早蕨(名古屋) (2006,2005,2004)

 

 

 

グループ展

2016 「ZOKEI NEXT 50 東京造形大学の教育成果展」/アーツ千代田3331(東京)

2016 「Little Christmas —小さな版画展」/全国37カ所の画廊(2015〜2010)

2016 「ぞうけい!たのしい!おやっ!子ミュニケーション」

    /相模原市 アートラボはしもと(神奈川)

2014 「4つの窓 長野ゆかりの版画家4人展」/須坂版画美術館(長野)

2013 「Open & Stow」/Gallery惺SATORU(吉祥寺)

2013 「25x25: Contemporary Japanese & Australian Printmaking」

     /Japan Foundation Gallery(Sydney)

2011 「第7回造形現代芸術家展」/東京造形大学 附属横山記念マンズー美術館(東京)

2010 「阿波紙と版表現展 2010」/文房堂ギャラリー(東京)

2009 「第2回グアンラン国際版画ビエンナーレ」/グアンラン美術館( 中国)

2009 「版画—日本の第二言語」/日本美術技術博物館 マンガ(ポーランド)

2009 「Dear 先輩。 収蔵資料展 2009」/愛知県立芸術大学 芸術資料館 ほか(愛知)

 

受賞

2006  愛知県立芸術大学 大学院   修了制作   買い上げ

2005 「第30回全国大学版画展」収蔵賞

2004 「第29回全国大学版画展」収蔵賞

2003 「第28回全国大学版画展」収蔵賞

 

パブリック・コレクション

町田市立国際版画美術館

愛知県立芸術 大学芸術資料館

日本美術技術博物館 マンガ / ポーランド

グアンラン国際版画ビエンナーレ組織委員会 / 中国

 

山神悦子  YAMAGAMI Etsuko

 最近のモチーフである鉱物を描く時に、外観だけでなく生成の仕方も知った上でイメージを形作っている。

 例えばオパールは珪酸を含んだ約50℃の液体が岩の隙間にしみ込んでゆっくりと沈殿して生成する。ダイヤモンドは地下100km以上の深さから爆発的な噴火によって新幹線並みの高速で地表に吹き上げられる。これが低速だと、同じ成分だとはいえ石墨になってしまう。このように、様々な鉱物が生成される条件には温度や圧力、速度などにも重要なポイントがある。

 紙にオイルパステルで描き、拭き取ったり、また塗り重ねたりして鉱物のイメージを掴もうとしていると、画面の質感が変化するポイントにぶつかる。少なくともそれを越さないと作品が出来てこない。私はそういう描き方でモデルになる石に敬意を表したいと思っている。

 

山神悦子

Sinnabar   辰砂(しんしゃ) 18x14cm

oil pastel on paper     2016年

略歴

1950  香川県生まれ

1973  お茶の水女子大学家政学部卒業

1974-’76 アメリカ シアトルに滞在

1981-’83 スイス ジュネーヴに滞在

1985-’88 大石洋次郎氏(武蔵野美術大学講師・当時)に油彩を、’86-’88黒田克正氏(同)にクロッキーを習う

 

個展

1989  Gアートギャラリー(東京)

1990  かねこあーとGⅠ(東京)

1992  かねこあーとGⅡ(東京)

1993  ギャラリーNWハウス(東京)

1994  村松画廊(東京)

1995  ギャラリー21+葉ANNEX(東京)

1996  かわさきIBM市民文化ギャラリー(神奈川)

1997  ギャラリーブロッケン(東京)

1999  ギャラリー工房“親”(東京)

          GALERIE SOL(東京)

2001  GALERIE SOL(東京)

          Para GLOBE(東京)(シルクスクリーン版画展)

2002 GALERIE SOL(東京)

2003 GALERIE SOL(東京)(版画展)

          ギャラリー GAN(東京)

2004  GALERIE SOL(東京)(版画展)

          Gallery惺SATORU(東京)

2006  GALERIE SOL(東京)

2006-7 ギャラリーアルテ(香川)

2007 ギャラリー工房“親” (東京)

2009  Shonandai MY Gallery(東京)

2010  Gallery惺SATORU(東京)

2011  Gallery惺SATORU(東京)

          Shonandai MY Gallery(東京)

2012  Shonandai MY Gallery(東京)

2013  Shonandai MY Gallery(東京)

2014  Gallery惺SATORU(東京)

 

 

 

 

 

グループ展

1990 「仮想モニュメント展 かねこあーとGⅠ」(東京)

1995 「‘95水戸アニュアル 絵画考―器と物差し」/水戸芸術館(茨城)

1999 「自慢・満足―Ⅳ 『誰でもピカソ?とんでもない!』」

          /ギャラリー21+葉(東京)

          「TRACE展Ⅱ」/GALERIE SOL(東京)

2001 「自慢・満足―Ⅶ 続・『誰でもピカソ?とんでもない!』」

          /ギャラリー21+葉(東京)

2002 「第17回イビザ版画ビエンナーレ」/イビザ現代美術館(スペイン)

2003 「第1回サン・モール版画ビエンナーレ」/サン・モール美術館(フランス)

          「第23回カダケス国際ミニプリント展」(スペイン)

          「自慢・満足―Ⅷ まだまだ『誰でもピカソ?とんでもない』!」

          /ギャラリー21+葉(東京)

2004 「自慢・満足-Ⅸ 『誰でもピカソ?とんでもない!』」part5

          /ギャラリー21+葉(東京)

          「Petit SOL 展」/GALERIE SOL(東京)

2007 「Petit SOL #2」/GALERIE SOL(東京)

2008 「MY Interaction 2008 」/Shonandai My Gallery(東京)

          「ART OSAKA 2008」/堂島ホテル(大阪)

          「18th Joyeux Noel『ルージュの伝言』」/ギャラリー工房“親”(東京)

2009 「顔顔顔展」/Shonandai MY Gallery(東京)

          「19th Joyeux Noel 『kobo CHIKA ART Remix』」/ギャラリー工房“親”(東京)

2010 「FLOWERS」/Gallery惺SATORU(東京)

          「絵画を考えるーその1 絵画のサイズ・絵画のイメージ」

          /ギャラリー工房“親”(東京)

          「色考|白」/Gallery惺SATORU(東京)

2011 「ART HOSPITALITY」/ギャラリー工房“親”(東京)

2012 「迎春」/Gallery惺SATORU(東京)

          「Slick contemporary art fair」/Gallery惺SATORUの部屋(ベルギー)

          「凱風」/Gallery惺SATORU(東京)

          「ART HOSPITALITY」/ギャラリー工房“親”(東京)

2013 「mille-feuille」/Gallery惺SATORU(東京)

          「Parts/WholeⅡ」/Gallery惺SATORU(東京)

          「絵画を考えるーその4 色彩」/ギャラリー工房“親”(東京)

2014 「春韻」/ギャラリー工房 “親”(東京)(’16)

          「BLACK WHITE MONOTONE」/Gallery惺SATORU(東京)

          「MY ap.pr 2014」 Shonandai MY Gallery(東京)

          「30voices, 30variations」/ギャラリー工房“親”(東京)

2015 「Thoughts through Drawings__mind」/Gallery惺SATORU(東京)(’16)

          「CONTRAST 実感/イメージ」/ギャラリー工房“親”(東京)

          「December Tune それぞれのカタチ」/ギャラリー工房“親”(東京)

2016 「春韻」/ギャラリー工房 “親”(東京)

          「Thoughts through Drawings」/Gallery惺SATORU 東京

          「循環—風と水と大地 平体文枝 吉川民仁 山神悦子」/Gallery惺SATORU(東京)

          「さまざまな形、さまざまな色」/ギャラリー工房“親”(東京)

 

滞在制作

1998  Art Colony Galichnik(マケドニア)

2000  The International Painting Plein Air Plovdiv(ブルガリア)

 

受賞

2001   第2回ADSP  資生堂主催