紙の上の思考    Thoughts through Drawings -mind

紙の上の思考    Thoughts through Drawings -mind

2015年1月17日(土)- 2月1日(日)

12:00-19:00

月・火曜日休み

 

江口暢彌

Elissa Marchal(エリッサ・マルシャル)

高島進

Tjibbe Hooghiemstra(チブ・ホーフヒムストラ)

山神悦子

渡辺伸

 

 このたびGallery惺SATORUでは1月17日(土)から2月1日(日)まで「紙の上の思考 Thoughts through Drawings -mind」を開催致します。

 ドローイングの魅力は人間が考えたこと、心で感じたことをストレートに手の軌跡として観ることが出来るところではないでしょうか。思考を初めて紙に描き留めるときの新鮮さや、やり直しの出来ないライブ感など、ペインティングとはまた異った表現としての魅力があります。また紙は観る方にとってもより身近な素材であるので、絵画制作の追体験を得やすいのではないかと考えます。当画廊にて以前より展示をして頂いている作家を中心に六名の紙によるドローイング展です。本展は1月と2月でメンバーを変え、1月はmind(思考)、2月はheart(心)と副題をつけました。ぜひ1月2月とあわせてご高覧下さい。

江口暢彌

私にとってドローイングは主に作品を作る上でのイメージの収集です。

収集はあまり考えずに直感的に気まぐれに任せています。特に惹かれたイメージは形式を変え何度も描き、何故それに惹かれたのか探索します。

そうして集められたイメージは作品になるまで数年かかることもありますし、結局作品にならない時もあります。とても無駄なように思える時もありますが、後日見返す時、私自身に新たなインスピレーションを与えるくれることを楽しみに続けています。

 

 

経歴

1970 三重県生まれ

1996 多摩美術大学大学院 美術研究科 修了

現在、東京在住

 

 

主な個展

2014 ”確からしさのバランス” Gallery惺SATORU/東京(2005)

2013 ”うつろう絵画” gallery N/名古屋

2010 ”江口暢彌展" ギャラリー6坪/新潟 (2005,2007)

2009 ”unidentified" art gallery closet/東京

2003 ”目で触る” すどう美術館/東京 (2001)

 

 

主なグループ展

2014 ”A Collective of Japanese Emerging Artist” Henning von Zanthier, LL.M./ベルリン

2013 ”A Collective of Japanese Emerging Artist” Browse & Darby Gallery/ロンドン

2013 ”Energy for us -from the artists’ point of view” ヒルサイドフォーラム/東京

2013 ”Parts / Whole” SLICK Art Fair Brussels/ブリュッセル, Gallery惺SATORU/東京

2012 ”ロクジュッ展” ギャラリー6坪/新潟

2012 ”GAIHUU -凱風-” Gallery惺SATORU/東京

2012 ”Dandans” Frederick Harris Gallery Tokyo American Club/東京

2011 ”The Lounge” 銀座ブルガリタワー8F プライベートラウンジ/東京

2010 ”DANDANS at No Man's Land” 旧フランス大使館/東京

 

Elissa Marchal / エリッサ・マルシャル

これら紙の上の制作には、線、色、繰り返しと重ね合わせといった私のお気に入りのツールを使用しています。

線は私にとって文字を書くことのメタファーです。一行一行綴られた文章のように、あるいは堆積物が幾重にも重なった地層のように、ここでは線が次々と連続します。文章や地層がいずれもストーリーを物語るように、私たちは線が語るストーリーの中にいるのです。いくつもの線の交差の繰り返しによって造形的に生み出される振動が、静止した空間に動きを与えています。

 

 

主な個展

2014  « Medium 1.14 – Horizontales et verticales » Galerie Anne-Laure Jalouneix

   (Bordeaux)

2013 « Assemblages » Galerie du Haut-Pavé (Paris)

 

 

主なグループ展

2015  « Thought on Paper»  Gallery Satoru (Tokyo, Japon)

2014  « De rendez-vous en rendez-vous» Galerie du Haut-Pavé (Paris)

« Propositions d’acquisitions pour le Fonds Municipal d’Art Contemporain »

Service Culturel de Gentilly

« Regards sur la jeune abstraction contemporaine »  Galerie Le Corbusier

(Trappes-en-Yvelines)

2013 « Couleurs, lueurs &co » Service Culturel de Gentilly

« Line upon line » Galerie ParisCONCRET (Paris)

2012 « Novembre à Vitry »

2011 « Novembre à Vitry »

2010 « NEW WORKS -2D- » Gallery SATORU (Tokyo, Japon)

2009 « Tokyo Contemporary Art Fair »  (GallerySATORU)

2008 « Centre culturel de Saint Genis Pouilly (’01)

« Salon de Mai »

2007 « Novembre à Vitry »

« Salon de Montrouge »

« Salon des Réalités Nouvelles »

«hors ligne »GallerySATORU (Tokyo, Japon)

2006 « Salon de Montrouge »

« Salon des Réalités Nouvelles »

2005 « Salon des Réalités Nouvelles »

2004 « Salon des Réalités Nouvelles »

 

 

 

高島進

メタルポイントと紙のためのドローイング/ Drawing for metal point and paper

メタルポイントとは、直径2㎜の金属線を鉛筆の芯のように尖らせ、ホルダーに入れて筆記用具にした物で、私は現在、金、銀、銅、真鍮の4種類を使っています。紙との相性で表情が大きく違うのと、錆びて時間と共に色が変わっていくのが特徴です。

 私の作品は全て、描き始めと描き終わりで線の太さが変わっていく描画材からなり、メタルポイントの線も、先を削って尖らせた最初が細く、徐々に太くなっていきます。私の作品は、このような太さの変わる線を反復し、集積した、線の結晶体とも言え、そこには透視図法的ではない奥行きも伴っています。

一気に仕上げるため、制作開始時刻と終了時刻を記録しています。メタルポイントの作品は、制作時間とその後、錆びて色の変わりゆく時間の、二つの時間が表現された作品とも言えます。

 今回の6点の作品には、4種類のメタルと4種類の紙(Arches 300g/㎡、Cotman 270g/㎡の裏表、Fabriano Artistico 300g/㎡、Hahnemuhle Britannia 300g/㎡)が使われています。特に今回は、紙に金属が、できるだけ黒々と良くのる組み合わせで構成しました。錆びて色の変わる速度も速いと思われます。私の予想では、金(22k)には銅が1/24混じっているので赤く変わり、銅と真鍮には緑青が吹く可能性があると考えています。実際に予想どおりになるかどうかは解りませんが、想像して鑑賞されるのも楽しいかと思われます。

                                                                      2015/1/10 高島進

 

 

経歴

1959 兵庫県生まれ

1982 武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業

1984 武蔵野美術学園油絵科修了

1987 アジェンデ美術学校(メキシコ)に1年留学

 

 

主な個展

2009  Shonandai MY Gallery(東京・六本木)’10  ’11  ’12  ’14

2011 元麻布ギャラリー佐久平(長野)

2011 白銅鞮画廊(東京・京橋)’13

2012  Chandler Fine Art(サンフランシスコ)’14

 

 

主なグループ展

2009 kunStart(イタリア・ボルザーノ)’10.

2010 新春小品展(ギャラリー由芽/東京・三鷹)’11  ’13  ’14.

2010 日米アートカイト展(静岡文化芸術大学、CHANDLER FINE ART/サンフランシスコ)

         +PLUS Tokyo Contemporary Art Fair(東美アートフォーラム/東京・新橋)

2011 第2回「ドローイングとは何か」展(ギャルリー志門/東京・銀座)

        「時を刻む線-現れる面」木藤恭二郎+高島進展(Gallery FACE to FACE/東京・吉祥寺)

2012 ArtPadSF(Phoenix Hotel/サンフランシスコ)

         美術館で学問ノススメ 美術鑑賞=娯楽×向学(青梅市立美術館)

2013 mille-feuille(Gallery惺SATORU/東京・吉祥寺)

2014 OFF Contemporary Art Fair Brussels(ベルギー)

 

 

受賞

1990 第16回日仏現代美術展/日本テレビ奨励賞

1997 第2回昭和シェル石油現代美術賞展/奨励賞

         ’97ABC美術コンクール/優秀賞

1998 第3回アート公募99企画作家選出作品展/ギャラリー賞

2000 第14回多摩秀作美術展/大賞

2002 第11回青木繁記念大賞公募展/優秀賞

2007 第5回現代日本美術会賞審査員特別賞

 

 

収蔵

青梅市立美術館/羽田空港(JAL内ダイアモンドプレミアラウンジ)

 

Tjibbe Hooghiemstra / チブ・ホーフヒムストラ

経歴

1957年オランダ生まれ

現在、オランダとアイルランドを中心に作品を制作。

オランダのミネルバ・アカデミー・オブ・アート、ベルギーのセントルーカス・アカデミーで学んだ後、オランダ、アイルランド、北アイルランドの教育機関で教鞭をとっている。

 

近年の主な展覧会

2005年 ”Into Drawing” (オランダ現代作家のドローイングを集めた回顧展)オランダ、フランス、ドイツ等ヨーロッパを巡回

2011年 ”All About Drawing”( 過去50年のオランダの作家のドローイングを集めた展覧会)

2014年 個展(柳沢画廊/浦和、Gallery福果/神田)

 

活動はヨーロッパの他、アメリカ、日本等で個展を開催。パリのFIAC、アートフォーラム・ベルリン、スコープ・ロスアンジェルス、アートバーゼル等、国際的に有名なアートフェアーに参加。

制作の中心は紙によるドローイングで、主に自然から得たイメージを古い本や地図など、古色を帯びた紙の上に空気感を湛えた独特の世界を展開しています。又彫刻やオブジェも制作し、それらを作者は空間に描くドローイングと呼んでいます。作品はロンドンのテートギャラリー他オランダを中心に多くの美術館にコレクションされています。

 

山神悦子

 ドローイングシリーズ「海のほうへ」は海の持つ様々な要素に触発されて、自由に想像しながら描いた作品です。

 これらの作品は水族館で描いた小さいスケッチを元にしています。それをF4サイズの紙に、ズレや間違いも楽しむ気持ちで拡大しながら鉛筆でドローイングします。

 さらに、これらの鉛筆の線と対話するように水彩絵の具で着色します。描きながら、筆をどこで止めて、どのように白紙部分を残すのかを慎重に見極めます。

 海の生物、海流や水深、水資源の乱獲、竜宮伝説、サメに襲われながらもイルカの群れに助けられたサーファーの実話などからヒントを得て、これらの作品に相応しいタイトルを付けました。

 

                                                       2014/12/15 山神悦子

 

 

経歴

1950 香川県生まれ

1973 お茶の水女子大学家政学部家庭経営学科卒業

1974-6 アメリカ シアトル市に滞在

1981-3  スイス ジュネーヴ市に滞在

1985-8  大石洋次郎氏(武蔵野美術大学講師・当時)に油彩を、’86-’88 黒田克正氏(同)にクロッキーを習う

 

 

主な個展

1996 かわさきIBM市民文化ギャラリー (神奈川)

1999 ’07 ギャラリー工房“親”(東京)

1999  ’01, ’02, ’03, ’04, ’06  GALERIE SOL (東京)

2004  ’10, ’11, ’14  Gallery惺SATORU (東京)

2006-7  ギャラリーアルテ (香川)

2009  ’11, ’12, ’13 Shonandai MY Gallery (東京)

 

 

主なグループ展

1995  水戸アニュアル 絵画考―器と物差し 水戸芸術館  (茨城)

2002  イビザ版画ビエンナーレ(スペイン)

2003  サン・モール版画ビエンナーレ (フランス)

2003  カダケス国際ミニプリント展 (スペイン)

2008  MY Interaction 2008  Shonandai MY Gallery  (東京)

2008  ART OSAKA 工房“親”の部屋 (大阪)

2012  Slick contemporary art fair ギャラリー惺SATORUの部屋  (ベルギー)

2014  MY ap.pr 2014  Shonandai MY Gallery  (東京)

 

 

滞在制作

1998  Art Colony Galichnik (マケドニア)

2000 The International Painting Plein Air Plovdiv (ブルガリア)

 

 

受賞

2001  第2回資生堂ADSP

 

渡辺伸

描き、鉱脈を探る。

 

旅先のスケッチ、電話中のいたずら書き。

酔っぱらいの戯言を書き留める手帳。

紙と鉛筆があればイメージは伝達でき、

無自覚であるが真実も写しだす。

それ故、紙(神)は偉大である。

 

 

経歴

1961年 東京都生まれ

1984年 武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業

 

1984年よりギャラリーQ、真木画廊、藍画廊、ギャラリーK、ギャラリー山口、柳沢画廊、Gallery惺SATORU等、個展を中心に発表。

 

 

近年の展覧会

2010 「情景-痕跡」渡辺 伸・大友洋司 展 白矢アートスペース(東京・小平)

2012 「情景2012-版画展」Gallery福果(東京・神田)

       「情景2012 写想-象想」Gallery惺SATORU、Bellbet吉祥寺showroom、

     (東京・吉祥寺)

2013 「絵画の在処  阿部隆・大友洋司・渡辺伸」白矢アートスペース(東京・小平)

2014 「情景-南の島」柳沢画廊(埼玉・さいたま)

       「BLACK WHITE MONOTONE」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

 

 

月刊「すばる」2011年11月号~2012年2月号 本文挿絵

ホルベイン[アクリラート」38号 Acrylart Trend 掲載、Art Works/29号表紙

第13回ホルベインスカラシップ