渡辺伸 望郷

2022/5/7(土)- 5/22(日)

12:00 - 19:00 月、火休廊

<同時開催>

渡辺伸-Life-

5月7日(土)―22日(日)

11:00-19:00 (木)休

Bellbet吉祥寺ショールーム

180-0005 東京都武蔵野市御殿山1-5-7 2F

https://www.bellbet.net/

当ギャラリーでは6回目となる渡辺伸個展「-望郷-」を開催致します。

塗り重ねたり削ったりした絵具の跡と多彩な色は互いに響き合い、抽象的な画面からある場面や風景が現れます。それは作家の日常や思考、懐かしい風景であり、現在を映す鏡でもあります。

今回10年ぶりにBELLBET吉祥寺ショールームでも同時開催致します。絵画とヴィンテージ北欧家具のコラボレーションをお楽しみ下さい。

130号から0号までの大中小を織り交ぜた新作油彩を2カ所で合計50点程展示します。多数の作品を展示するこの機会にぜひご高覧下さい。

 

 

 

 

絵を描く

 

ツェッペリンやジェフ・ベック、クリムゾンなどのロックに目覚めた10代前半の多感な時期に、絵を描くきっかけになったセザンヌやゴッホにピカソ、国吉などに憧れ画集を眺め模写などに興じていた時分から、かれこれ50年近く経つのだが、未だモッサリとした絵を描く髪をだいぶ失った白髪頭の私が居る。まあ、これが現実だと受け入れ夜更けまで酒を飲み気が大きくなった衝動で殴り描きをし、あちらこちらに絵具を撒き散らし、翌朝がっかりする事が多々あり。

 

新型コロナウイルスの収束が見えない中で過ごす日常生活は大変ですが、明けない夜はないと願い、息を潜めやり過ごしています。新型コロナウイルスの影響、もしくは還暦過ぎの身体をいたわる意味で禁煙、禁TV、禁外飲み…流石に禁酒は無理なので宅飲み。ここ数年は、9時前後に寝て、明け方の3時頃から制作を行う日々を過ごす。

 

向島の自宅から会社がある京橋まで隅田川沿いをウォーキングしています。この付近は池波正太郎や山本一力などの時代小説や東野圭吾の舞台になっており江戸と東京が交差する。隅田川は、きれいな川とは言えませんが、船の行き来や鵜飼の群れが魚を咥え、カモメが飛ぶ光景は情緒がある。雨が川面に降り注ぎ、傘を差して橋を渡る人々は北斎の描く世界とシンクロする。

 

現在の制作方法は、「タテタテ ヨコヨコ まるかいて チョン」のリズム。原初的な衝動を、身体を使って筆跡や形、色彩で表現しています。まだまだ思い通りには行きません。描いたり消したりを繰り返す事で絵と対話し、導かれる様に作品を制作しています。まれに“ウムっ”と思うような事に出くわしたりするので続けているのでしょう。映画や本の一節、一瞬で通り過ぎた風景や匂い、旅先の出来事や朝焼けの色。雲の動きや遠くで光る落雷、ちびた鉛筆や石ころのような石鹸にボロボロのウェスなど愛着ある事象を網膜や記憶の底から呼び起こし自身のフィルターを通し社会との繋がりが出来れば幸いです。

                           2022年3月28日

                               渡辺 伸

 

 

 

 

 

 

渡辺伸 / Shin Watanabe

 

1961 東京都生まれ

1984 武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業

 

Solo Exhibition

2019 「All right-往来-」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2018 版画展 柳沢画廊(埼玉・さいたま)

2016 「-車窓-」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2014 「情景-南の島」柳沢画廊(埼玉・さいたま)

2012 「情景2013-版画展」Gallery福果(東京・神田)

   「情景2012 写想-象想」

    Gallery惺SATORU&Bellbet吉祥寺showroom(東京・吉祥寺)

2010 版画展 柳沢画廊(埼玉・さいたま)

2009 「情景-2009」SPCギャラリー(東京・日本橋)

2007  Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2006 柳沢画廊(埼玉・さいたま)

2004 ギャラリー山口(東京・銀座)

2003 Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2002 柳沢画廊(埼玉・さいたま)

2001 藍画廊(東京・銀座)

2000 柳沢画廊(埼玉・さいたま)

1999  ギャラリー山口(東京・銀座)

     Galere de Cafe 伝(東京・経堂)

1998 オレゴンムーンギャラリー(東京・菊川)

1997 柳沢画廊(埼玉・さいたま)

1996 藍画廊(東京・銀座)

1995 ギャラリーK(東京・銀座)

           柳沢画廊(埼玉・さいたま)

1994 藍画廊(東京・銀座)

1993 ギャラリーK(東京・銀座)

           柳沢画廊(埼玉・さいたま)

           Galere de Cafe 伝(東京・経堂)

1992 藍画廊(東京・銀座)

1991 真木・田村画廊(東京・神田)

           版画展 柳沢画廊(埼玉・さいたま)

1990 版画展 柳沢画廊(埼玉・さいたま)

1989 真木・田村画廊(東京・神田)

1988 版画展 柳沢画廊(埼玉・さいたま)

1987 ギャラリーQ(東京・銀座)

1984 埼玉県立近代美術館 一般展示室3(埼玉・さいたま)

 ※「版画展」の表記のないものは油彩画による個展です。

 

Group Exhibition

2022 「どこかでお会いしましたね」

           うらわ美術館一般展示室(埼玉・さいたま)2016、2017

          (埼玉会館)2018、2019、2021

         「-ing NOW-展」うらわ美術館一般展示室(埼玉・さいたま)

          2016、2017、2018、2019、2021

         「DUB」柳沢画廊(埼玉・さいたま)

    「small tour」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2020 「YEN」Taylor Galleries(ダブリン・アイルランド)

         「扇子2020」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

         「Approach to PRINTS」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2019 「扇子と豆皿」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

         「OPEN & STOW Ⅱ-絵巻-」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

         「Passport / Note」Gallery福果 (東京・神保町)

2018 「埼玉ゆかりの作家たち」柳沢画廊(埼玉・さいたま)

2017 「旅する」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2015 「紙の上の思考  Thoughts through Drawings-mind-」

           Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2014 「柳沢雑貨店」柳沢画廊(埼玉・さいたま)2015、2016、2017,2018

   「BLACK WHITE MONOTONE」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2013 「絵画の在処 阿部隆・大友洋司・渡辺伸」白矢アートスペース(東京・小平)

   「Collection Summer」Gallery福果(東京・神田)

   「mille-feuille」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2012 「迎春展」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2011 「銅版画工房展」コバルト画房(埼玉・さいたま)('09、'11、'13、'15他)

   「色考|白」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2010 「情景-痕跡」渡辺 伸・大友洋司 展 白矢アートスペース(東京・小平)

   「FLOWER」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2008 「京橋3-3-8」藍画廊(東京・銀座)

         「小さい版画」柳沢画廊(埼玉・さいたま)

2007 「DEBLI project」ギャラリー・ルデコLE DECO、スターバックス他(東京・渋谷)

     「ALL IN LINE」柳沢画廊(埼玉・さいたま)

2006 「2006 New Year's card by Japan Artists」(ベオグラード他3ヶ所/セルビア)

2005 「定点-それぞれの世界-」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2003 「Beauty」東京都美術館(東京・上野)

     「Multiple&Artist goods exhibition」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2002 「SUPERPOSITION」Gallery惺SATORU(東京・吉祥寺)

2001 「ACROSS THE UNINERSE '01」

            現代アーチストセンター展 東京都美術館(東京・上野)

2000 「版の饗宴 2000」藍画廊(東京・銀座)

1999 「第7回リキテックス・ビエンナーレ」青山スパイラルホール(東京・青山、他)

     「TEN」藍画廊(東京・銀座)

         「Something'99」Galere de Cafe 伝(東京・経堂)

1998 「EU JAPON展」新木場SOKOギャラリー(東京・新木場)

     「第3回アート公募'98」新木場SOKOギャラリー(東京・新木場)

1996 「百年の壁・1」有隣館(群馬・桐生)

1994 「第21回 現代日本美術展」東京都美術館(東京)、京都市美術館(京都)

1993 「三人展」アート・ワッズ(東京・渋谷)

1992 「アート・オリンピック」アート・ワッズ(東京・渋谷)

1990 「TANGRAM」世田谷区民ギャラリーA室(東京・世田谷)

         「GOD」P3オルタナティブ・ミュージアム(東京・新宿)

1989 「五人展」(版画集刊行)柳沢画廊(埼玉・さいたま)

   「第19回 現代日本美術展」東京都美術館(東京)、京都市美術館(京都)

   「Art Beyond The Limit's」神奈川県民ホールギャラリー(神奈川・横浜)('90)

   「3st. From A THE ART日本」ラ・コレッツィオーネ(東京・表参道)

   「モダンアート明日への展望」横浜市民ギャラリー(神奈川・横浜)

1988 「NO NUKES展」スペースA.D.2000(東京・銀座)

1987 「うねりのモーメント」ホットスタジオ(大阪)

     「渡辺 伸・平井輝子展」ギャラリーケルビーム(東京・銀座)

     「ART WORKS展」g.g.g(東京・銀座)('88、'89)

1985 「モダンアート展」東京都美術館(東京・上野)('88、'89)

     「WITH FOUR EXHIBITION」埼玉県立近代美術館一般展示室1(埼玉・さいたま)

1984 「現代美術の祭典」埼玉県立近代美術館一般展示室(埼玉・さいたま)('85)

1983 「北関東美術展」栃木県立美術館(栃木・宇都宮)

 

受賞・掲載

・月刊「すばる」2011年11月号~2012年2月号 本文挿画

・ホルベイン[アクリラート」38号 Acrylart Trend 掲載

・Art Works/29号表紙

・第13回ホルベインスカラシップ

・3st.From A THE ART JAPAN/奨励賞

・Art Olympic/銀賞

 

 

 © GallerySATORU