疫病時代の犬が吐く息

黒須信雄 小品による回顧1980−2021

2021/7/3(土)- 7/18(日)

12:00 - 19:00 月、火休廊

「疫病時代の犬が吐く息 小品による回顧1980-2021」   黒須信雄

 

 今回、表現様式と云う観點からするなら多岐多様な諸作間に通底するものとして、存在形式転換としての顕現への視座・思考を些かなりと摘出することを意図して作品の選定を行なった。小品のみに絞り尚且つその中でもドローイング類を除 いたため、仕事の全容を示すには不充分であるものの、謂わば作家以前の未だ模索の裡にあった十代終わりから二十代初めのものから網羅することで或程度思考及び志向のヴェクトルは提示できたのではないかと考えている。

 尚、展覧会名はフランク・ザッパ『アンクルミート』から引用した。嘗て制作の方法論を模索する中で美術家は勿論それ以外の分野の人々からも様々な示唆を受けたが、ザッパからは方法意識の上で多大な影響があったからである。その他、方法意識への示唆と云う一點に限っても、例えばピーター・グリーナウェイやアルチュール・ランボオやジョルジュ・バタイユなど恩恵を受けた先人は数知れない。以て垂頭すべし。

 処で、旧作を顧みるときには継続と断絶双方が感得されるが、必ずしも継続が〈私〉を安心させるわけではない。作品の自律性・自體性に鑑みるなら、寧ろ断絶こそが継続の前提要件であり、おそらくそうした構造は個人を超えたものとして階梯的に組織化されるのである。埴谷雄高云う処の「精神のリレー」もかくなるものだろうし、そもそも藝術に歴史有りとすればこの構造の複層化を措いてはないのである。

制作には実践と論理的思考双方が不可欠であり、当然ながらそのために旧作を〈外部〉に置いて眺めることは頗る有効である。畢竟、一切は無に帰するとしても、無に於て顕現する〈現在〉をこそ私たちは生きざるを得ないのだから───。

 

2021年6月記

 

黒須 信雄 KUROSU, nobuo

 

1962年 東京生まれ

1988年 多摩美術大学絵画科油画専攻卒業

 

個展

1989年 なびす画廊(東京)

1990年 なびす画廊(東京)

1991年 Cafeアトリエ(東京)

      Gallery+1(東京)

1992年 なびす画廊(東京)

      西瓜糖(東京)

      Cafeアトリエ(東京)

1993年 ルナミ画廊(東京)

      Cafeアトリエ(東京)

1994年 なびす画廊(東京)

1995年 ギャラリーU(東京)

1996年 藍画廊(東京)

1997年 藍画廊(東京)

1998年 なびす画廊(東京)

1999年 なびす画廊(東京)

      西瓜糖(東京)

2000年 なびす画廊(東京)

2002年 なびす画廊(東京)

2003年 なびす画廊(東京)

2005年 なびす画廊(東京)

2006年 藍画廊(東京)

2007年 なびす画廊(東京)

2009年 なびす画廊(東京)

2011年 なびす画廊(東京)

2013年 なびす画廊(東京)

2015年 なびす画廊(東京)

2017年 ギャラリー水・土・木(東京)

      ギャルリー宮脇(京都)

2018年 Gallery惺SATORU(東京)

2019年 ギャルリー宮脇(京都)

2020年 Gallery惺SATORU(東京)

2021年 ギャラリーSIACCA(東京)

      Gallery惺SATORU(東京)

 

グループ展

1986年 空房月華(小野画廊)

1987年 ・・・のしっぽ(世田谷美術館区民ギャラリー)

1990年 箱―さまざまな時―展(二宮美術館)

      MITO10月展(水戸芸術館)

1992年 鳥(バード)展(北とぴあ)

1993年 COLLABORATION展(淡路町画廊)

1996年 起源(Za Gallery)

1999年 TEN(藍画廊)

      牧神アンデパンダン(牧神画廊)

2001年 2月のおくりもの(なびす画廊)

2002年 美と術(藍画廊)

2004年 2月のおくりもの(なびす画廊)

      黒須信雄・橋本倫展(ギャラリエ アンドウ)

2005年 生誕100年オマージュ長谷川沼田居展(足利市立美術館)

      第20回平行芸術展 崩落の記譜法(青山小原流会館エスパスOHARA)

2006年 New Year’s Card by Japan Artists (Beograd/Senta/Sokobanja)

2008年 RADICAL CROPS プレ展(exhibit Live&Moris)

      DE MISTICA~召命~(ギャラリー・アートポイント)

      第27回損保ジャパン美術財団選抜奨励展(損保ジャパン東郷青児美術館)

      絵画のコスモロジー/橋本倫・黒須信雄・小山利枝子(多摩美術大学美術館)

      京橋3-3-8(藍画廊)

2009年 DE MISTICA第2回展―“アート”全盛期における“美術”(なびす画廊)

      THE LIBRARY~「本」になった美術~(静岡アートギャラリー)

2010年 カイガノカイキ(足利市立美術館)

      THE LIBRARY ASHIKAGA(足利市立美術館)

2012年 Resonance2012 ~黒須信雄・土屋範人・星川忠資~(森田画廊)

      虚光集(ひのみかげふみ)江尻潔・黒須信雄展(ギャラリー水・土・木―みず・と・き―)

2013年 新収蔵作品展「現代の絵画と彫刻」(足利市立美術館)

        版画天国(なびす画廊)

      美術館の本棚(足利市立美術館 特別展示室)

      ANDO  SESSION4 色の力 (ギャラリエ アンドウ)

      「根の国」展(アートスタジオDungeon)

2014年 記録魔 関根正幸のお蔵出し(アートスタジオDungeon)

      版画天国Ⅱ(なびす画廊)

      知ってる形/知らない形+本(うらわ美術館)

      スサノヲの到来―いのち、いかり、いのり(~2015年巡回/足利市立美術館、

      DIC川村記念美術館、北海道立函館美術館、山寺芭蕉記念館、渋谷区立松濤美術館)

      一陽来復~年送りのかたち年始めのかたち~(Gallery惺SATORU)

2015年 つくもがみ(アートスタジオDungeon)

      Resonance2015 Final ~響きあう9人~(森田画廊)

      寄り添うかたち‘15(ギャラリー水・土・木)

      暮の宴―年送り年迎えのかたち(Gallery惺SATORU)

2016年 連画のいざない(足利市立美術館 特別展示室)

      ART OSAKA 2016 ギャルリー宮脇出展(ホテルグランヴィア大阪26F)

      版画天国Ⅲ(なびす画廊)

      90’S展 終末と反復(+Yギャラリー)

      寄り添うかたち‘16(ギャラリー 水・土・木)

      キネティックアート展(ギャラリエ アンドウ)

      晦日い(アートスタジオDungeon)

2017年 紙の上の思考Ⅳ Thoughts through Drawings-POINT (Gallery惺SATORU)

      版画、いろいろ 博物館のコレクション 明治>>>現在(那須野が原博物館)

      ART NAGOYA 2017 +Yギャラリー出展(ウェスティン ナゴヤ キャッスル9F)

      コレクション展Ⅳ 明治調 (栃木県立美術館)

      うたげと孤心 連画のいざないⅡ (アートスタジオDungeon)

      「なびす画廊最後の十日」展 (なびす画廊)

      言絵絵言―ことええこと―(柴田悦子画廊)

      寄り添うかたち‘17(ギャラリー 水・土・木)

      「旅する」展 (Gallery惺SATORU)

2018年 第5回新朦朧主義(北京清華大学美術院美術館)

      木ト霊ことだま(Gallery惺SATORU)

      THE ESSENCE(ギャルリー宮脇)

      Cadeaux de noel(Gallery惺SATORU)

      ポエトリー・イン・ダンジョンvol.1 直角はありません (アートスタジオDungeon)

      寄り添うかたち ’18(ギャラリー 水・土・木)

      「13人の油絵」展(+Yギャラリー)

2019年 スサノヲの予感(ギャラリーTOM)

      開いてみるアート・しまうアートⅡ OPEN&STOW―絵巻―(Gallery惺SATORU)

      ART in PARK HOTEL TOKYO 2019  +Yギャラリー出展(パークホテル東京 26F)

      足利市立美術館所蔵品展(足利市立美術館)

      農と縄文の体験実習館なじょもんサテライト展「あざなえる縄のごとく」(みうらじろうギャラリー)

      扇子と豆皿(Gallery惺SATORU)

      言絵絵言Ⅱ―ことええこと―(柴田悦子画廊)

      時を繋ぐかたち ’19(ギャラリー 水・土・木)

      Cadeaux de noel(Gallery惺SATORU)

2020年 「象、撫でる?」(足利市立美術館 特別展示室)

      SUMMER展(ギャラリーSIACCA)

      言絵絵言Ⅲ―ことええこと―(柴田悦子画廊)

      版画天国Ⅳ(ギャラリーSIACCA)

                  時を繋ぐかたち’20(ギャラリー 水・土・木)

2021年 small tour(Gallery惺SATORU)

                  闇から光へ~無彩の世界へ挑む~(ギャラリーSIACCA)

 

 

コレクション

  足利市立美術館 うらわ美術館 栃木県立美術館 那須野が原博物館 ほか

 

 

 

 

 © GallerySATORU