江波戸 龍「だんまりとくちまめ」

27 January – 11 February  2018

12:00 – 19:00 (lastday12:00 – 17:00) / mon. tues. close

Opening Reception 27 January 17:00 – 19:00

 

2018/10/27(土)- 11/11(日)

12:00 - 19:00 最終日17:00迄 *月、火休廊

オープニングレセプション 11/27(土)17:00 - 19:00

美術鑑賞ワークショップ「まなざしをとらえる」

11/10[土]10:00 ‒ 12:00 *要予約

 強烈な自我や自分の感情を受けとめ、自分のためだけに語り掛けてくるような存在ではなく、関係性を感じさせる他者として人間を描きたい。


 それは私が、数多くの濃淡のある関係性の束の中にこそ存在していて、独立して完結しえない存在だからだろう。


 私は、1人称の私であることよりも、誰かにとっての2人称や3人称、また風景の一部としての私に意識を置き、人と人の間の関係性を見つめていきたい。


―江波戸 龍

 

 I would like to draw human figure as others who are open with viewers about relationships, not reflecting strong ego of the maker or merely inviting viewer's empathy.


 It is probably because I just live in a bundle of various shades of relationships and can never be an independent or self-sufficient existence.

                   
 Also, I would like to be conscious of myself as a second or third person for someone, or as part of a view, rather than as a first person for myself, and keep my eyes on relationships with persons.


 -Ryu Ebato

 

 

江波戸 龍  Ryu Ebato

 

略歴

1984 東京都生まれ

2008 多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業

2010 多摩美術大学大学院絵画専攻油画研究領域修了

 

個展

2009「Emotion」ART AIGA/東京

2012「対話の過程で失われるもの」Gallery 惺 SATORU/東京

2015「A small, good thing」Gallery 惺 SATORU/東京

2018「だんまりとくちまめ」Gallery 惺 SATORU/東京

 

主なグループ展

2008「FIXED POINT 08」Gallery 惺 SATORU / 東京

2010「FLOWERS~like a wildflower」Gallery 惺 SATORU / 東京

2012「迎春」Gallery 惺 SATORU / 東京

2013「mille-feuille」Gallery 惺 SATORU / 東京

2015「ANIMALS」ATELIER・K / 神奈川

 「私のなかのアンデルセン」Gallery 惺 SATORU / 東京

2016「Life with Dog」Gallery 惺 SATORU / 東京

「Compilation2016」Gallery 惺 SATORU / 東京

2017「旅する展」Gallery 惺 SATORU / 東京

2018「COLLECTION」Gallery 惺 SATORU / 東京

 

 © GallerySATORU