西山雪 ひびのかけら

9/19(木)– 10/4(日)

*12:00 – 19:00 月曜日、火曜日休廊

作家経歴 / 展覧会情報 (PDF)

ひびのかけら

 

うつりゆく空の色や、海、水の音、匂い、食べること、日常の暮らしの中からヒントをもらい制作をしています。

それはガラス制作を始めた頃から変わらないことで、 旧作新作共に共通しているものです。

日常を切り取るという意味でこのタイトルをつけました。

とりわけ、最近では「あお」色に重きを置き制作しています。

 

空のあお

海のあお

ふかいふかい夜のあおと

うっすら朝のあお。

 

私達はあおに溢れ

あおに守られた世界で生きている。

 

あおのエネルギーに魅せられて

そのひとひらをガラスに落とし込む。

 

西山 雪

 © GallerySATORU